2016年10月18日

五劫思惟阿弥陀

理想の極楽浄土を求める阿弥陀の姿


五劫とは一説に二十一億六千万年のこと。一劫とは三年に一度天女が大きな岩に舞い降り、その羽衣が触れる摩擦によって岩が消えてなくなるほどの時間、とも言われます。
それほど永い時間、阿弥陀如来はわたしたちの救済や理想の極楽浄土について考え続けてきました。伸びた螺髪の造形は、阿弥陀如来の慈悲深さや偉大さを私たちに伝えているのです。

posted by 不動明王 at 23:45| Comment(0) | 仏像フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

孔雀明王

毒を取り込み甘露に変える 孔雀に坐す唯一菩薩形の明王


凛々しさと優雅さをともに備えた孔雀明王像。木彫作家の井戸博章氏* を原型制作に迎え、細い脚で立つ孔雀と、その上に堂々と構えた一面四臂の明王の姿を造り上げた。
菩薩形ならではの細やかな装身具を真鍮で制作、繊細なパーツが揺れ動く。後補箇所がないという像の、歴史を経た色合いを彩色作家・篁千礼氏* の監修で仕上げる。

ラベル:孔雀明王
posted by 不動明王 at 19:27| Comment(0) | 仏像フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

竜燈鬼

ユーモラスな表情と迫力の肉体が調和する


両手に納まるコンパクトなサイズながら、妥協を許さない緻密な彩色により、 ユーモラスな表情と力強さを見事に再現した精巧な仕上がりが目を奪う。
実物の玉眼を彩色だけで表現するため、7回に分けて彩色を施す。
小さな像から溢れる、自由で躍動感みなぎる清新な生命力を感じさせる珠玉の一品。

ラベル:竜燈鬼
posted by 不動明王 at 00:47| Comment(0) | 仏像フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。