2016年06月02日

竜燈鬼

ユーモラスな表情と迫力の肉体が調和する


両手に納まるコンパクトなサイズながら、妥協を許さない緻密な彩色により、 ユーモラスな表情と力強さを見事に再現した精巧な仕上がりが目を奪う。
実物の玉眼を彩色だけで表現するため、7回に分けて彩色を施す。
小さな像から溢れる、自由で躍動感みなぎる清新な生命力を感じさせる珠玉の一品。

ラベル:竜燈鬼
posted by 不動明王 at 00:47| Comment(0) | 仏像フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。